熊笹? それとも隈笹?

パンダもクマザサが大好き

野生の熊やパンダが喜んでクマザサを食べる理由って何?

クマザサを漢字で表記するときは「隈笹」と書きます。

意外でしたか?冬になると緑色の葉のまわりに白いフチが蔽い、まるで歌舞伎の隈取りのようだから、と言われています。ずっと動物のクマの字をあてた「熊笹」だと思われていた方も大勢いらっしゃるでしょう。実際、野生の熊は冬眠前に鮭や木の実といったカロリーの高い食物のほかに、クマザサの葉をたくさん食べ、また冬眠から覚めた後もクマザサの葉にむさぼりつきます。

冬眠中は腸内に残った食物の発酵を抑えるため、そして目覚めたときには、汚れてしまった血液をきれいに戻すために、夢中でクマザサを食べるといいます。熊の本能は、クマザサの大いなる効用を見抜いているのでしょうね。(同じように、馬、牛、鹿などもクマザサの葉を食べるそうですよ。)

しかし、人間は熊のようにクマザサの葉をそのままモリモリ食べて、その成分を分解し有効的に活用することはできません。それでもクマザサの葉からその有効成分だけを取り出すことに成功しています。それが「クマザサエキス」なんですね。

クマザサクマザサの表記

Posted by ささ丸