隈笹茶とクマ笹エキスの違いについて

隈笹エキスならササランド!

隈笹茶は葉っぱを刻んで蒸した物をお湯で抽出したお茶。
エキスは濃縮エキスをお湯で薄めて飲むものです

隈笹茶とは農場からとってきた笹の葉を蒸して刻み、乾燥させたものです。それにお湯を注ぐことによってコップの中で抽出されるのが隈笹茶です。自然の中に生えているクマ笹そのままから抽出した味を楽しめます。

一方隈笹エキスは農場で採ってきた隈笹の葉に、メーカー各社が独自技術で圧力をかけたり機械に通したりすることにより、繊維を柔らかくしてしっかりと煮詰めます。
隈笹の有効成分が十分抽出されたところで、更にその中でも純度の高い上澄み液だけを集めたものが隈笹エキスです。
実際に農場で収穫された大量クマ笹の葉はギュッと濃縮された濃厚な熊笹エキスをなります。

ササランドで取り扱っているクマ笹エキスを作っているメーカーは、いずれも日本国内のクマ笹農家さんから仕入れた国内産、安心品質の隈笹を加工しています。

隈笹エキスの方が高いのはなんで?

隈笹茶は農場で収穫されたクマ笹の葉を乾燥させて刻んだ茶葉から抽出します。そのため目で見た茶葉の量がそのまま原材料の葉の量です。乾燥させることで多少水分が飛んで重量が軽くなります。

隈笹エキスは農場で刈り取った隈笹の葉をメーカー各社が高温で煮詰めて繊維を柔らかくし、有効成分を壊さないように独自の技術で抽出します。1日当たりのオススメ量を数杯の隈笹エキスで取れるようにギュギュっと濃縮されています。小瓶に詰められた隈笹エキス1本を抽出するためにはその何倍もの隈笹の葉が原材料として必要となります。そしてとろみのあるエキスには濃厚な熊笹の有効成分がギュッと詰まっているのです。
ササランドで取り扱っているクマ笹エキスは、いずれも不純物の少ない上澄み液や高純度での濾過を行い、口当たりよいの滑らかな仕上がりになっています。

初めてでも飲みやすい隈笹エキスはどれ?

ホシ隈笹エキス

販売実績30年超えの定番人気商品です。漢方の基本となる「乾・煎・澄」に基づき、隈笹を乾燥させたのちに、高温で熱加水分解して作られています。また不純物の少ない上澄液を使用しています。

ホシ隈笹エキスはこちらから


隈笹エキスならササランド!

熊笹解説ページはこちら

クマ笹ってなぁに?何に良いの~?

隈笹エキスならササランド!

隈笹精

隈笹エキスより純度の高い隈笹エキス。笹は北海道産よりもさらに高品質とされる新潟産の隈笹を使用し、より芳醇な味わいと香りが特徴。
販売実績30年超えの定番人気商品です。漢方の基本となる「乾・煎・澄」に基づき、隈笹を乾燥させたのちに、高温で熱加水分解して作られています。また不純物の少ない上澄液を使用しています。

隈笹精はこちらから

隈笹エキスならササランド!

隈笹多糖体とは?働きについて解説!

隈笹多糖体の働きはこちらから

隈笹エキスならササランド!

リオナチュレ クマ笹エキス

北海道産の隈笹を摘み取ったまま北海道の向上で加工。支笏湖のミネラルたっぷりの水から抽出され、クマ笹を蒸す段階でも有効成分を壊さない独自の技術を採用しています。

リオナチュレ クマ笹エキスはこちらから


隈笹エキスならササランド!

クマ笹と自律神経について

隈笹と自律神経について知るならこちら