自律神経と腸(時々クマザサ)

自律神経と腸の働きには関係がある!

自律神経とは普段私たちが生活していくうえで無意識に行う生命維持活動に欠かせない働きを行う大切な神経です。

例えば呼吸をしたり、心臓を動かしたり、食べたものを消化させるためにあ胃腸を動かしたり。意識しなくてもそれらの働きは常に行われているわけですが、自律神経はそれをコントロールする大切な役割を担っています。

自律神経は交感神経と副交感神経の二つから成り立っており、その二つがバランスよく働くことで自律神経の調和が保たれています。
その二つのバランスが崩れると、イライラして不眠になったり、時には腹痛や頭痛・食欲減退などの体の不調をひき起こします。重度の場合は【自律神経失調症】という診断がついてしまうこともあります。

腸は自律神経と密接な関係がありお互い影響し合っています。たとえば自律神経に乱れが生じたとき、なぜお腹が痛くなるのでしょう?
面白いことに自律神経のバランスが整うと腸の働きも良くなります。また腸内細菌のバランスを整えて腸の働きを良くすると自律神経が整います。

実は腸は脳ともつながっていた!!

腸は脳とも直接神経がつながっていて、体に害のあるものが腸に侵入するとそれを瞬時に脳へ伝えて反応します。それが下痢です。
また反対に便秘やガスが溜まるなど、腸が異常を感じれば、すぐさま脳に届いて胃腸の働きを鈍らせることもあるのです。

腸は自律神経に影響を与えるだけでなく、脳にも影響を与え「腸は第二の脳」とも言われるほど大切なものなのです。

腸の働きを整えて自律神経を整える?自律神経の乱れを整えて腸の働きを整える?

クマザサエキスはそのどちらにも作用すると考えられています。ササ多糖体は副腎皮質に作用して副腎皮質の機能を高める効果があります。
過剰に掛かったストレスの緩和を助け、健康維持をサポートする効果が期待されています。リラックスすることで過剰に分泌された交感神経・副交感神経を
バランスよく整えると考えられています。

まずはクマ笹エキスを試してみよう!

隈笹エキスは傷ついた細胞に働きかけ、健康維持をサポートします。口内炎等の外傷部分の細胞活性化へと働きかけ、胃腸壁などの荒れた部分を本来の健康な姿へと変える働きをサポートすることも期待されています

自律神経の乱れを整えることによって、本来体がもっている免疫力を維持する働きもあると言われています。

健康的な生活習慣を身につけると共に、1杯の隈笹エキスからもっと元気な毎日を過ごしてみませんか?

クマザサ

Posted by ささまるB